Posted by on 2018年3月1日

2017年10月中旬より、メンバーの一部で福岡県の筑紫野へ泊まり込み、自然農法を勉強してきました。

これまで、当団体は、
・ボランティア回復法(社会に貢献する活動を通し、存在意義を感じながら体調を整える。)
・学習会回復法(学習を通して自身の生きやすさを追求することから体調を整える。)
上記の2つをメインに活動してきました。

しかし、また新しいことに気づきました。
さらに基本的な方法を取り入れることでもっと精神疾患の回復を早められるということ。

基本に戻ります。
・生活習慣回復法(自然農法を通して、食、睡眠、運動のバランスを図り、健康な心身を作ることから体調を整える。)
・価値観共有回復法(価値観の共有できる仲間を作り、理解をし合いながら体調を整える。)

この2つの取り組みを今後は追加して取り組んでいきます。

今後はしばらく福岡筑紫野に拠点を移し実践をしてきます。

・生活習慣の改善
・価値観を共有できる仲間探し
・学習を通し生きやすさの追求
・ボランティアなどで役に立ち存在意義を感じることからの回復

こちらを通し、精神疾患者が回復を果たすプログラムを完成させて鹿児島にも繋ぎます。

しばしお待ちを。

福岡筑紫野に一時的に住みこめる場所は用意しています。
興味がある方がおられましたら、ご一緒に心身の健康を追求しましょう。

ご興味ある方はご連絡ください。

Posted in: 活動報告
ページの先頭へ