Posted by on 2017年10月2日

9月22日は学習会を行いました。

今回は参加メンバーでそれぞれの考え方を整理、共有する時間でした。

色々な話がでましたが、私が大切に考えている主体性(自分を主役に生きる)を少し共有します。

 

私は家に引きこもっていた約6年前と現在で、大きく変化したことが主体的に生きるようになったことです。

主体的に動けば、それはどんなことでも本人にとっては正解(成功)です。

時には、間違った選択(失敗)をするかもしれませんが、それも正解(成功)のもとです。主体的に起こす失敗ほど、大きな学びになるものもないと思っています。

 

私が過去に引きこもることになった理由は、持病のてんかんをオープンにしては就活に上手くいかず、クローズにして働いて隠しきれずに退職に追い込まれたことからですが。

このときは、主になれず考えがブレブレでした。

私はてんかんをオープンに社会に出たかった。

しかし、卒業がせまり、まだ内定をもらえていないことに焦り始めました。

大学卒業=就労する。という私の常識に囚われており、どうにかしなければ。と、途中からオープンにすることを諦めて、クローズでの就活に切り替えたのです。自身の考えを尊重し、内定がでるまでオープンでの就活を続けていれば、たとえ内定をもらうまでに何年掛かったとしても、引きこもることはなかったかもしれません。

いや、あの頃の私に何年もオープンで就活し続ける根気もなかった気がしますが。笑

 

この出来事を一時は社会側(企業の理解がない)の問題で片づけようとしましたが、これは私が主を失ったことも問題だと今更ながら気づきます。

 

これからも、実体験で感じている、主体的に生きる喜びを分かりやすく伝えていきます。

参加者のみなさま、お疲れ様でした。

 

ページの先頭へ